6star SAKE

未来日本酒店

 

山形正宗 まろら

2015年11月9日(月)NHKで放送の
「クローズアップ現代」で紹介され、
話題の一本。

一般的にワイン醸造で活用される技術である
「マロラティック発酵」がこのお酒のキモ。
乳酸菌の働きにより、
お酒に含まれるリンゴ酸が
乳酸に変化することで、
優しく柔らかな味わいを生み出します。

「まろら」は、このマロラクティック発酵技術を
日本酒に初めて転用し、
よりまろやかな味わいを表現しようと試みた
山形正宗の実験的なお酒です。

一口飲めば、
りんごやバナナ、フルーツの様々な香りが
口の中いっぱいに広がります。

アルコール度数を14%にして
やや甘めに仕上げた事で、
甘味と酸味、全体的な味わいのバランスが取れ、
他ではあまり感じえない
何とも言えない上品で、艶のある味わいとなっています。

また、成分として
冷旨酸(れいしさん=冷やして美味しい酸)であるリンゴ酸と
温旨酸(おんしさん=温めて美味しい酸)である乳酸の
両方を多く含みますので、
いろいろな温度帯でお楽しみいただけます。

実験的なお酒として2014年に
初めてリリースしたこのお酒は、
普段お酒を飲まない方、女性の方にも入りやすいお酒です。
料理も和食にこだわらず、
カジュアルな洋食から焼肉などにも合わせられる懐の深さ。

それだけではありません。
このお酒、
デザートとの相性も抜群にいいんです。
ぜひ一度お試しあれ。

 
商品名
山形正宗 まろら
製造元
水戸部酒造
原産地
山形県
アルコール度数
14度
  • 推奨シーン:洋食と一緒に。食後のデザートと一緒に。
  • オススメの飲み方:冷酒、ぬる燗
  • 使用米:出羽燦々
  • 精米歩合:60%
¥1,994 (税込)
 
数量: